残置物撤去

残置物とは、以前住んでいた住人が残した、家具や生活用品などの私物のこと。
これらは、前居住者の不要物である場合や、死亡し遺品がそのまま置かれているなどの理由で残されます。
仕方のないことである反面、次の契約者が見つからないといった点で、お悩みの方もいらっしゃると思います。
当社は、そんな残置物の撤去にも対応しておりますので、お困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。

 

残置物と通常のゴミとの違い

「残置物は不用品なのでゴミとして処分すればいい」と、思う方もいらっしゃると思います。
しかし、一般的なゴミとは、扱いが異なるため注意が必要です。

例えば、家具や調理器具などは、大型な家財道具でもあります。
また、前居住者が夜逃げした場合は、現金や身分証明書といった重要なもの以外のものを、丸ごと置いていってたケースも……。
さらに、オフィスやテナントの残置物となれば、大型のオフィス用品や机などが残されていることもありますが、処理することは容易ではないと思います。

さらに、残置物の所有権は持ち主にありますので、無断で処分することは法律違反になる恐れもありますので、ご注意ください。
後で困らないよう、契約時に前もって残置物について取り決めを作っておくことをおすすめします。

【営業時間】9:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 横浜市を中心に神奈川県、東京都に対応

一覧ページに戻る