木造解体

“解体工事”といっても、工事費用や手順は、現場の状況・建物の構造によって異なります。
住まいや店舗などの木造建物は、現場によって違う様々な工法で造られているため、構造はかなり複雑です。
当社では、工事を行う前に調査を行い、建物それぞれの建築様式に合わせた解体工事をご提案しております。

また解体工事はもちろん、工事の際に排出される産業廃棄物や生活ゴミ、残置物の処理まで、責任を持って適切に処理いたしますので、安心してお任せください。

 

木造解体工事のポイント

■ お見積り

施工を始める前に工事範囲を明確にしておくことが、重要なポイント。
解体工事は、建物の立地環境や構造、広さ、お客様のご要望などに合わせて費用が決まるため、見積りがとても大切なのです。
当社では、見積りした費用と実際にかかった費用との差を最小限にするため、現地調査やヒアリングを十分に行っています。

■ スケジュールの管理

工事の日程や期間は、建物の構造や立地環境によって異なります。
また工事を始める前に、自治体への申請や届け出、近隣の方々へのご挨拶などが必要なため、ある程度期間に余裕を持ってご依頼いただくことをお勧めします。
もちろん、お急ぎの場合は可能な限り対応しますので、まずは当社までご相談ください。

■ 地中障害物による追加工事

地中に埋没している、以前の建物の基礎や浄化槽のことを「地中障害物」といいます。
これは地中に埋まっているため、工事を進めていかなければ、正確にはわかりません。
そのため、地中障害物については、発見する度に追加費用がかかりますので、ご了承ください。

建築図面などをお持ちの方は、確認する際に役立ちますので、もし心当たりのある方は、事前にご準備ください。

■ 産業廃棄物の処理

解体工事で発生した産業廃棄物の処理も、当社にお任せください。
産業廃棄物収集運搬業許可を保有している当社は、適切に処理することができます。
さらに、日常的に発生した生活ゴミや、残置物の処理も行いますので、安心してお任せください。

 

木造解体工事の解体方法

■ 手こわし解体工事

手こわし解体工事とは重機を使用せず、専用工具を使用し、職人の手で解体していく工法です。
簡単に廃棄物を分別できることや、振動・騒音などを最小限に抑えられるというメリットがあります。
また、狭小地などの大きな重機が入り込めないような場所でも、この工法が使用されます。

■ 手こわし併用機械分別解体工事

現在、主流となっている解体方法で、建物内部を手こわししてから、重機を使用して作業を進める工法です。
再資源化しやすい木くずや、瓦礫を重点的に分別しながら作業を進めることが可能。
手作業と機械を併用することで効率が良くなり、工期の短縮が実現できます。

【営業時間】9:00~17:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 横浜市を中心に神奈川県、東京都に対応

一覧ページに戻る